2019年日本代表選手

​パラクライミング世界選手権2019​日本人選手7個のメダルを獲得!

【2020年度の国内パラクライミング大会スケジュールについて】

日本パラクライミング協会では、今年度国内において以下2大会を開催する方向にて調整を進めておりますので、日程のみですがお知らせをいたします。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け各大会の中止のみならず、クライミング環境の確保などが困難となり、パラクライマーの皆様におかれましてはこの先どうなるのかという不安を抱かれている方も多いと思います。

日本パラクライミング協会では、そんな皆様に少しでも目標となる情報をお届けできればと考え、まずは日程のみですが今年度に開催する2大会につきまして以下にお知らせさせていただきます。

2020年11月7日(土)

パラクライミングジャパンシリーズ2020第1戦

会場:未公表

*関東エリアにて開催いたします。

2021年3月13日(土)

パラクライミングジャパンシリーズ2020第2戦(パラクライミング日本選手権大会) 

会場:エフピコアリーナふくやま(広島県福山市)

備考

パラクライミングジャパンシリーズは今年度から新設するシリーズ戦です。年に3大会を目処に開催して行く予定ですが、2020年度は2大会のみの開催となります。

 

パラクライミングジャパンシリーズは、国内大会を増やし選手の日ごろの成果の場を多く提供し、競技力の向上を図ることを目的としています。

パラクライミングジャパンシリーズ第2戦としてパラクライミング日本選手権大会を開催いたします。「パラクライミング日本選手権大会」は、これまで同様世界選手権大会に準じた形で開催をする国内パラクライミングの最高峰とも言える大会です。

 

その他
・各大会の詳細、受付などは順次情報をホームページにて公開いたします。

・各国内大会の日程や内容、開催の可否についても変更となる場合があります。

・2021年度のパラクライミング日本代表選手の選考は、日本選手権の結果を持ち行う予定です。詳細は追って発表いたします。

・国際大会などの情報は入手次第適宜公表いたします。

【協会の法人化について報告】
日本パラクライミング協会は一般社団法人として定款の認証を受け、2020年4月1日を持ち新たに活動を開始いたしましたのでご報告申し上げます。
スポーツと社会を取り巻く変化の激しい時代の中、私達はパラクライミングの更なる発展を実現しなければなりません。そのためにも変化の時代に適応した適正な組織運営を図ることが欠かせないと考えました。
適正な組織運営のためにも「ガバナンスの強化」は避けて通れない最重要課題の一つととらえ、「一般社団法人」として社会責任を持つ組織として再スタートすることとしました。

日本パラクライミング協会は非営利の協会であることには変わりありませんが、これまで以上に法令と社会規範を遵守しながらパラクライミングの発展に努めてまいります。
みなさま引き続きましてご指導ご支援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

一般社団法人日本パラクライミング協会
共同代表理事 小林幸一郎・鈴木直也
理事 太田裕樹・蓑和田一洋・片山旭

 

(ご報告)2020年度日本代表選考結果につきまして

2020年度日本代表選考につきまして、先にご提示させていただいた選考方法をもとに協会役員にて協議を行った結果、既に選ばれている19名に加え、安良岡 伸浩選手(AU2)を新たに選考したことをご報告させていただきます。

【イベント中止のご連絡】
パラクライミング日本選手権2020に出場予定でしたアスリートの皆さんを対象とした以下のイベントは、新型コロナウイルス感染症の予防とその拡大防止など昨今の状況を鑑み中止とする旨、主催のNPO法人モンキーマジックより連絡がございました。
選手間の交流を楽しみにして頂いた皆様には申し訳ありませんが、どうかご理解の程よろしくお願い申し上げます。
・イベント名「パラクライミング アスリートデイ!」
・期日:5月3日(日)
・場所:神奈川県立山岳スポーツセンター(神奈川県秦野市)屋外クライミングウォール
・参加対象者 パラクライミング日本選手権2020に申し込みをした、または何かしらの理由で参加を見送ったパラクライマー
・協力 日本パラクライミング協会

【共同代表就任のご挨拶】
本日より日本パラクライミング協会の会長職を共同代表として仰せつかることとなりました鈴木直也と小林幸一郎です。

2018年の当会設立より副会長として前会長を支えてまいりましたが、協会運営などにはまだ経験不足なことも多く、ご迷惑おかけすることもあるかと存じますが精一杯頑張ってまいります。どうぞよろしくお願いいたします。
折しも東京オリンピック・パラリンピックの1年延期が発表され、スポーツだけでなく社会がこれまで経験したことのないような混乱に見舞われている2020年を迎えています。パラクライミングも国内大会、国際大会全ての中止が発表され、先の見えない環境となってしまいました。
しかしこの状況が永遠に続くことはないと思います。中止となってしまった日本選手権大会には過去最大のパラクライマーの出場登録がありました。当協会はこの国内でのパラクライミング発展の勢いをそのままに、国内大会の開催と選手発掘、強化、国際大会への選手派遣などの各事業を、各関係団体との連携強化を図りながら着実に推し進めてゆく所存です。さらに未来を遠望すれば、2011年から始まったパラクライミング世界選手権の規模は年々拡大しています。2024年パリパラリンピックには間に合わずとも、2028年ロサンゼルスパラリンピック種目化の可能性も0ではないと言える状況と認識しています。これが実現した折にも、私達日本が世界選手権出場などを通じ培ってきたパラクライミング強豪国としての経験を活かし、世界の中での存在感を示し続けられるよう各事業を推進してまいります。またパラクライミングがグローバルな発展を見せる中、東アジア諸国に目を向ければ日本を除くとその芽すら見えていない国がほとんどです。このような環境下、私達日本が牽引国となり、アジアの地にこのパラクライミングという文化を根ざす事業を行い、近い将来アジアパラクライミングチャンピオンシップなどを開催できるよう各国各協会などとの協働連携なども行ってまいります。
日本のパラクライマーが一番輝くアスリートであり続けるために、私達、鈴木、小林のパラクライミングとの長きにわたる関わりという経験を活かし、日本パラクライミング協会は新体制にてさらなる発展を目指してまいります。
みなさまどうぞ倍旧のご指導ご鞭撻、そしてご支援のほどよろしくお願い申し上げます。


2020年4月1日
日本パラクライミング協会共同代表
鈴木直也、小林幸一郎

(ご報告)パラクライミングカップインスブルック大会中止につきまして
6月23日から25日で開催予定でした、パラクライミングカップインスブルック大会が中止になりましたことをご報告させていただきます。
詳細はオーストリアクライミング協会のホームページをご参照いただけたらと思います。

https://www.austriaclimbing.com/…/ifsc-austria-climbing-ope…
今後、振替日程等につきましては、情報が入り次第皆様にご報告させていただきたいと思
います。

【イベント開催メールの確認お願い】
5月3日(日)神奈川県秦野市にて、パラクライミング日本選手権2020出場予定だったパラクライマーを対象としたイベントが開催されます。イベントは3月末申込締切となっており、このご案内が各選手宛登録のメール宛発信されておりますので、改めてご確認と参加検討よろしくお願いいたします。
尚、イベントはNPO法人モンキーマジック主催で、日本パラクライミング協会が開催協力をしております。

【協会新役員人事のご報告】

日本パラクライミング協会では協会の運営体制強化が急務と認識し、役員会にて協議を重ね、次年度の2020年4月1日より、蓑和田一洋氏を新役員に迎え就任の運びとなりましたのでご報告いたします。

2020年度日本代表選手選考基準につきまして

新型コロナウイルス感染拡大に伴う日本選手権大会中止により、以下の方法で2020年度日本代表選手を選考いたします。

2020年度日本代表選手選考基準

 

選考免除対象

以下に該当する者は選考を免除とする

・2019年度日本代表選手のうち、第2回パラクライミング日本選手権大会2020に

エントリーしている選手

・2019年パラクライミング世界選手権大会優勝者

 

選考免除者

狩野 草原   

大沼 和彦   

結城 周平   

濱ノ上 文哉  

吉田 桃子

大内 秀之   

星野 隼人   

會田 祥    

髙野 正    

小林 幸一郎   

志賀 信明   

蓑和田 一洋   

青木 宏美      

江尻 元洋      

平野 良彦       

江尻 弓    

前岡 ミカ       

吉田 藍香

​山崎 康興

 

2020年度日本代表選手選考対象者

第2回パラクライミング日本選手権大会2020参加申込者

 

選考方法
選考希望者は各カテゴリー・クラスに応じて以下のグレードの登りの動画を2ルート撮影し、日本パラクライミング協会宛(info@jpca-climbing.org)にデータを送る事。データをもとに協会役員にて協議を行い、代表選手の決定を行う。

【提出用課題について】
・事前にトライした事が無いルートである事
・他人からルート情報、アドバイスをもらわない事
・オブザベーションの時間は特に制限を設けませんが必ず地面から行う事
・トップロープで行う事(トップロープが設置されていない場合はジム側の許可を得てトップロープでのトライをしてください。必要に応じて中間支点を取るなど安全に配慮してください。)
・壁の高さが10m以上、傾斜が90度以上(垂壁不可)である事(一部に垂壁が含まれているような場合は問題ありません)
・B1カテゴリーの選手は、アイマスクを着用する事
・スタートはIFSCが定める公式戦のルールに準ずる事
注)課題が適切かどうか判断できない場合は壁の形状、ルートの全容が把握出来る写真を事前にお送りください。
【撮影方法について】
・登っている様子がスタートから完登(フォール)までが撮影されている事

 

 

性別・クラス・設定グレード

男子B1:5.11b以上  

男子B2:5.12a以上  

男子B3:5.12b以上   

女子B1:5.10c以上   

女子B2:5.11b以上  

女子B3:5.11c以上

男子AL1:5.10a以上   

男子AL2:5.12a以上 

女子AL1:5.9以上   

女子AL2:5.10c以上

男子RP1:5.10 a以上  

男子RP2:5.11b以上 

男子RP3:5.12b以上

女子RP1:5.9以上   

女子RP2:5.10c以上 

女子RP3:5.11b以上

男子AU1:5.10a以上    

女子AU1:5.9以上

男子AU2:5.10c以上    

女子AU2:5.10a以上

 

申込期日

2020年3月31日

 

代表選手発表

2020年4月7日

 

申込先

日本パラクライミング協会 事務局宛<info@jpca-climbing.org> 

 

備考

クラスが確定していない初出場の選手はまずは選考希望である旨をご連絡ください。

動画の容量が多い場合は大容量データ送信サービス等を利用する

(例:データ便 https://www.datadeliver.net/

各動画のデータ名は、選手名・カテゴリー・グレードとする(例:パラ太郎AL15.12a.avi)

第2回パラクライミング日本選手権大会2020中止につきまして

いつも大変お世話になっております。

現在発生している新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、日本パラクライミング協会役員間で検討を重ねてまいりましたが、選手・観客・大会スタッフの健康と安全面を考慮し、誠に残念ではございますが、第2回パラクライミング日本選手権大会2020を中止する決定となりましたことをご報告させていただきます。

大会参加選手には2月26日にメールにて中止のご連絡させていただきましたが、関係各所との調整上、ホームページ・SNS上での公開が遅くなりましたこと、深くお詫び申し上げます。

来年度の日本代表選手の選考につきましては、後日公開させていただきたいと思いますので、今しばらくお待ちいただけたらと思います。

 

選手の皆様へ

すでにメールにてご連絡させていただいておりますが、大会参加料につきましては大会要項に「一度納入された参加費はいかなる理由がありましても返金致しません。」と記載しておりますが、今回の想定外の中止を鑑み、参加費をご返金させていただきたいと思います。3月31日までに件名を「大会参加費返金について」とし、japanparaclimbingassociation@gmail.com宛に氏名・お振込先をご連絡いただけたらと思います。3月31日までにご連絡がない場合はご返金はいたしかねますのでご注意いただけたらと思います。尚、振込手数料は各自ご負担となります事をご了承いただけたらと思います。

最後に、今回の決定は苦渋の決断であり、大会に向けて準備を進めてきた我々役員一同も残念でなりません。
来年度こそは皆様に精いっぱい日ごろの練習の成果が発揮していただけるよう、より良い大会を作っていきたいと思っておりますので、今後とも何卒よろしくお願いいたします。

皆様へ

日本パラクライミング協会は、3月20日の日本選手権を中止することに決定いたしました。

新型コロナウイルスの感染は収まるどころか日本中に広がりを見せています。

選手の皆さんが公共交通機関を利用して会場地への移動や人出の予想される会場でのウイルス感染の可能性を否定できない現状では、大会を実施することはできません。選手のみなさまの健康・安全を第一に考えると大会中止もやむを得ないと判断しました。

大会に向けトレーニングを積み準備を進めてこられた選手のみな様には、誠に申し訳ありませんが、ご理解いただきたいと存じます。

来年度の日本選手権や日本代表選手選考等は追ってお知らせいたします。

 

日本パラクライミング協会 会長 佐藤建

第2回パラクライミング日本選手権大会2020の開催の有無につきまして

新型コロナウイルス感染拡大に伴う第2回パラクライミング日本選手権大会2020の開催の有無につきまして、現在役員並びに関係各所と検討している最中でございます。

大会の可否につきまして、今月中には選手への連絡並びにホームページ・SNSの掲載が行えるかと思いますので、大変恐縮ではございますが、今しばらくお待ちいただけたらと思います。

第2回パラクライミング日本選手権大会2020の決勝における介助者・トレーナーのアイソレーションルーム入室申請につきまして

いつも大変お世話になっております。

第2回パラクライミング日本選手権大会2020の決勝における介助者・トレーナーのアイソレーションルーム入室申請につきましてご連絡をさせていただきます。

 

アイソレーションルーム入室対象者

視覚障害クラス:選手・ナビゲーター・トレーナー

切断・神経障害クラス:選手・介助者・トレーナー

 

注意点

・視覚障害クラスはナビゲーター以外の別の方が介助者として入室はできません。

・介助者・トレーナーはオブザベーションの際に選手と同行はできません。

(アイソレーションルーム内待機となります。)

・オブザベーションの際に移動介助が必要な方は大会スタッフが対応いたします。

・介助者・トレーナー共に入室者は1名の選手に対してそれぞれ1名までといたします。

・事前申請のない方はアイソレーションルームへの入室はできません。

・退室は自由ですが一度退出されますと再入室はできませんのでご注意下さい。

 

介助者・トレーナーの申請方法

メールの件名を「第2回パラクライミング日本選手権大会2020アイソレーションルーム入室申請」とし、氏名・ふりがな・帯同選手名・役割(介助者・トレーナー)を記載し、当会(info@jpca-climbing.org)宛に申請をしていただけたらと思います。

当会からの返信をもって申請許可といたします。

 

申込期日

2020年2月28日

協会新体制人事の報告
2019年10月に現会長の佐藤建より今年度末の2020年3月末にて会長職辞任の意向が示されました。 
日本パラクライミング協会では役員会にて後任人事につき協議を重ね、2018年の協会創立時より副会長として佐藤を支えてきました鈴木直也、小林幸一郎を共同代表として新会長に選任し、次年度の2020年4月1日より就任することといたしましたので報告いたします。

第2回パラクライミング日本選手権大会2020参加者リストの掲載につきまして

第2回パラクライミング日本選手権大会2020の参加者リストを掲載しております。詳細は国内大会をご参照下さい。

参加者リストは随時更新をしていく予定です。

尚、クラスの欄がとなってい選手は初出場の選手、で現段階ではクラスが確定していない選手となります。

第2回パラクライミング日本選手権大会2020における宿泊先につきまして

第2回パラクライミング日本選手権大会2020にお申し込みの選手各位
今回遠方からご参加の選手が多いことを考慮し、会場体育館最寄りのホテルを特別割引料金にて宿泊頂けるよう手配をいたしました。
下記情報をご確認いただき、宿泊希望の方はお早め以下協会メールアドレスまでご連絡下さい。
【 ルートイングランティア福山】
 〒720-0825 広島県福山市沖野上町5-27-11 ℡084-922-5511(会場まで徒歩約10分)

【料金】
シングル 6750円(19日)7750円(20日)
ツイン 12950円(19日)16950円(20日)
※朝食900円をJpcaにてまとめて予約の選手・関係者に限り無料提供していただけることとなりました。
※料金は税別、部屋数には限りがあります。
※予定部屋数になり次第締切となります。
◆予約希望者は下記事項を以下メールアドレスまでお送り下さい。
1,氏名、ふりがな
2,携帯電話番号
3,希望部屋種別(シングル・ツイン)
4,宿泊希望日(19・20日連泊、19日のみ、20日のみ)
送付先:info@jpca-climbing.org
◆申込締切
2月15日(木)連絡受付分、または予定部屋数に達し次第。

第2回パラクライミング日本選手権大会2020参加申し込みにつきまして

第2回パラクライミング日本選手権大会2020へ参加を申し込まれる選手はこちらをクリックし、必要事項を記入しお申込みください。
申し込み締め切り2020年2月10日(期日厳守でお願いいたします)

第2回パラクライミング日本選手権大会2020大会要項につきまして
パラクライミング日本選手権大会2020の大会要項を掲載いたしました。詳細は国内大会ページをご覧ください
尚、申し込み期間は 2020年1月10日(金)~2月10日(月)となりますのでご注意いただけたらと思います。お申し込み方法につきましては、専用申し込みフォームからお申込みいただく予定となっております。たくさんのご参加お待ちしております。  

支援金振込完了につきましてのご報告

2019年パラクライミング世界選手権へ出場する選手および関係者への暖かいご支援、誠にありがとうございました。8月21日を持ちまして、選手・コーチ・役員への支援金の振込が完了いたしました事をご報告させていただきます。合わせまして支援金総額・支援金受け取り対象者・一人あたりの分配金額等につきましてご報告させていただきます。

支援金総額                      : 4,252,986円

支援金受け取り対象者        :     22名

一人あたりの分配金額        :     193,318円

支援金受け取り対象者22名で割り切れる金額にさせていただくため10円を当会にて負担させていただきました。(4,252,986円÷22名=193318円)また193318円から振込手数料を引かせていただいた金額を受け取り対象者の方にお振込させていただきました。

【参考】

この度の世界選手権大会における1人当たりの渡航・宿泊費310290円(当会で渡航・宿泊予約を行い東京から出発した場合)

支援金ご協力者一覧につきましてはこちらをクリックして下さい。以上、ご報告とさせていただきます。

支援金の分配につきまして

平素より格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

6月30日に締め切らせていただきました支援金につきまして、当会役員で議論を重ねて参りましたが、下記の対象者・方法で支援金を分配させていただいたいと思います。

尚、支援金総額・支援者一覧・支援金分配詳細につきましては世界選手権大会終了後に改めてご報告させていただきたいと思います​。

ご報告が遅れた事、深くお詫び申し上げます。

​またこの度は急なお願いにも関わらず、多くのご支援・激励のお言葉を頂戴したこと、この場をお借りしてお礼申し上げます。

今後ともどうぞご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

支援金使用用途につきまして

①支援金受け取り対象者はこの度の世界選手権大会において日本代表チームとして渡航される方々 

   とする。(選手・コーチ・役員)

②カテゴリー不成立等により渡航費・宿泊費にキャンセル料が発生した場合には支援金で対応する。

③支援金の分配は大会終了後以降とする。

④振り込み手数料は支援金分配対象者の各分配金から引かせていただく。

⑤所属先や個人契約のスポンサー・助成金等から渡航費や宿泊費の補助を受けている方について、 

   全額補助を受けられている方は支援金分配対象外とする。また一部補助の方は分配金額の範囲内 

   で差額分を分配させていただく。

お知らせ

Oct 29, 2019

IFSCパラクライミン委員会メンバー選出のご報告

この度、国際スポーツクライミング連盟(IFSC)パラクライミング委員会に当会副会長の鈴木直也が選
出されたことをご報告させていただきます。パラクライミング委員会は、パラクライミングの現状の課題
を整理し、解決していく委員会でございます。
当会といたしましても、日本選手の皆様方や当会の意見を集約し、鈴木を通じてパラクラ
イミングの発展に寄与して参りたいと思います。

Please reload

日本パラクライミング協会では、協会の事業に賛同し応援して下さる個人の方・団体からのご寄付を受け付けています。 お寄せいただいた寄付金は、協会を維持・発展していくための経費、及び選手育成の目的で行われる事業に充てられます。​

協会の主な活動

  1. ​日本パラクライミング協会で主催する全日本パラクライミング選手権の運営

  2. 日本代表に選ばれた選手へのサポート

  3. 日本代表選手の合同練習会

  4. 国際大会への派遣準備および選手登録​

パラクライミング​サポートチームからの
お知らせ

 

​日本パラクライミング協会オフィシャルスポンサー(ゴールド)
オリエンタルバイオ様ロゴ.jpg
​日本パラクライミング協会パートナー
ミレーロゴ.png
​ユニフォームサプライヤー
TNF_LOGO.jpg
LINK リンク

IFSC(国際スポーツクライミング協会) パラリンピックサポートセンター   JADA日本アンチドーピング協会     日本パラリンピック協会                            TEAM BEYOND

Call us today on  0422‐20‐4720

(NPO法人 モンキーマジック事務所内)

  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon