「2020年度パラクライミング日本選手権大会(2020年度パラクライミングジャパンシリーズ第2戦)」2021年3月13日(土)〜14日(日)エフピコアリーナふくやま(広島県福山市千代田町1-1-2)にて開催

〜日本のトップパラクライマーが広島県福山市に集結〜

 

一般社団法人日本パラクライミング協会(JPCA、共同代表:鈴木直也・小林幸一郎、東京都武蔵野市)は、2020年度パラクライミング日本選手権大会(2020年度パラクライミングジャパンシリーズ第2戦)」を、2021年3月13日(土)から14日(日)にエフピコアリーナふくやま(広島県福山市千代田町1-1-2)で開催します。日本全国からトップクラスのパラクライマーが集まり、各障害クラスの優勝をかけて競います。また、本大会は2021年度の日本代表選手の選考をかねたものです。

 大会では、「視覚障害」「切断(上肢・下肢)」「神経障害」が開催され、さらにパラリンピックの基準に準じて、それぞれの障害の程度に応じたクラス分けが行われます。大会では、各クラスごとに予選と決勝があり、順位がつけられます。

 競技は健常者のスポーツクライミングでのリード競技とほぼ同様のルールとなり、おもに登ることのできた到達高度で順位が決まります。視覚障害の選手はパートナーとなるナビゲーターからの声による指示を参考にして手がかり足がかりをさがしながらクライミングウォールを登ります。「切断(上肢・下肢)」「神経障害」の選手も道具に頼ることなく、鍛えた身体と技術を使ってクライミングウォールの頂点をめざします(ロープなどの道具は、墜落時の安全を確保するためのみに使用)。それぞれの障害による登り方の違いも魅力のひとつとなります。大会で使用するクライミングウォールは、国際大会と同様に、高さ15メートルで、その高度感も見応えのひとつです。

 なお、開催にあたってはできる限りの新型コロナウィルス感染予防対策をとり、無観客とします。あわせてウェブ上でのライブ配信を予定しています。

 

●開催概要

・日程:2021年3月13日(土)、14日(日)

・会場:エフピコアリーナふくやま(広島県福山市千代田町1-1-2)

・主催:一般社団法人日本パラクライミング協会(JPCA)

・出場選手:約20人(世界選手権メダリスト含む)

・大会形式:予選はフラッシング方式、決勝はオンサイト方式。おもに到達高度で順位を決定する(同着の場合は予選の成績、タイムにて順位を決定)

・大会スケジュール:

3月13日 予選

10:00 選手受付

11:30 開会式

12:00 競技(全選手が予選2ルートを登ります)

 

3月14日 決勝

8:30 アイソレーションオープン

9:00 アイソレーションクローズ

9:30 選手紹介とオブザベーション

10:00 競技(選手が決勝1ルートを登ります)

12:00 表彰式・閉会式

 

※当日の天候や進行状況によって変更される場合があります。

 

・競技のライブ配信方法:詳細が決まり次第、JPCAの公式ホームページにて発表します。

 

※会場への入場は、大会関係者とご取材の方のみとなります。

※当日会場でのご取材について:ご取材申請後、詳細につきましては後日、ご案内させていただきます。ご取材の申請は、貴社名、責任者名、媒体/番組名、取材希望日時(必要があれば取材希望選手)、ご連絡先を下記の問い合わせ先までご連絡をお願い申し上げます。その他、競技やご取材方法について不明点があればお問い合わせください。

 

本件に関するお問い合わせ先

一般社団法人日本パラクライミング協会

広報担当・蓑和田一洋(みのわだ かずひろ)、中川裕(なかがわ ゆたか)

E-mail:minowada@jpca-climbing.org

協会公式ウェブサイト:https://www.jpca-climbing.org

Call us today on  0422‐20‐4720

(NPO法人 モンキーマジック事務所内)

  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon